ブログ/コーデ

テレワーク時の服装もう悩まない!プチプラでつくる30代40代のレディースコーデ例

コロナ禍でテレワークが広がってきている昨今、服装に迷う方も増えてきているのではないでしょうか。

家の中だからと楽な服装になりがちですが、オンライン会議やテレビ電話で社内外の人と顔を合わせることもあるので見た目も大事ですよね。

楽な服装を選んでしまうと、仕事モードに切り替わらないことや集中力が続かなかったりすることもあるかもしれません。

では、どんな服装がテレワークに相応しいのでしょうか?毎日のことですので服装の悩みは尽きませんよね。

こんなお悩みがある方は要チェックです。

  • いつもの出社スタイルだと窮屈で疲れてしまう
  • オンラインでの対面が増えたので、画面越しでの印象を良くしたい
  • 長時間のデスクワークでもシワを気にしない服が欲しい
  • 服装のマンネリを打破したい
  • テレワークでも気分を上げて仕事をしたい

一つでも当てはまる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

どのコーディネートにも大切なことは、『華やかさときちんと見え』です。

そしてそこに着心地の良さも兼ね備えてコーディネートを組むのがおすすめです。

ポイントを押さえながらお悩み別にコーディネートを紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

テレワークの服装マナー


コロナ禍でのテレワークの普及により、オンライン会議やスマホを通じたテレビ電話などで社内外の人と話す機会が増えています。

場合によっては急に出社しなければならなくなることもあるかもしれません。

一日中家で仕事をするとしてもパジャマや部屋着はやはり仕事には相応しくない格好です。かっちりスーツまでいかなくとも、オフィスカジュアルの服装で相手に失礼のない格好が望ましいでしょう。

また、お取引先とのオンライン商談など大切な場面では、襟付きのジャケットやカーディガンをさっと羽織るなど、対応できるように準備しておくことも大切です。

テレワークでも好印象、おしゃれに見えるコツ


画面越しでの対面が増えるからこそ、上半身や顔周りの印象が大きく作用します。ポイントを押さえておけば、好印象でおしゃれに見せることができます。

ポイント① 服の色

まず気を付けることは服の色です。背景と同化した服の色を選ぶとぼんやりとしてしまうので避けたほうが良いでしょう。

また、肌色に近い服の色も服と顔色が同化してしまうので避け、はっきりした色を選ぶと効果的です。暗い色よりも明るい色の服装を選ぶと画面で映えるので華やかな印象を与えることができます。

おすすめはピンクやオレンジ、ブルーやグリーンです。定番の白やベージュなどで背景と同化してしまう場合は、画面上で顔映りが悪くならないようスカーフやネックレスで首元にさし色を添えるのがおすすめです。

ポイント② 服のデザイン

次に気を付けることは服のデザインです。ロゴの入ったTシャツなどはカジュアル過ぎるので避け、無地やストライプなどオフィススタイルに相応しいデザインを選びましょう。

無地でもワンポイントやデザインがあると印象がよりアップします。

おすすめはボウタイやリボン、ギャザーなど襟元にデザインがあるもの。顔周りの印象をアップさせてくれるうえ、小顔効果にも一役買ってくれます。

また、襟周りにデザインがあるトップスはトレンドアイテムでもあるので、オシャレな印象もプラスしてくれます。

ポイント③ 手を抜きすぎない

ボトムは映らないから部屋着のままということは避け、ふいにボトムが映り込んでしまっても慌てなくても良いように着替えておきましょう。

ストレッチの効いた素材や、ウエストゴム、ゆったりとしたシルエットなど履き心地の良いボトムを選べば長時間のデスクワークにも集中できます。

また、シワシワのシャツや寝ぐせなども印象が悪くなってしまうので、身だしなみを整えておくことは大切なポイントです。

テレワークで使える便利アイテムとコーデ例

これまでのポイントを押さえながら、お悩み別にコーディネートをご紹介します。

出社スタイルから窮屈さを救う!~リラックスニットコーデ①~

テレワークおすすめコーデ
コーデ参照Re:edit

毎日がちがちのジャケットスーツスタイルだと疲れてしまいますよね。家の中では特にリラックス感も取り入れたいところです。

柔らかい風合いで着心地の良いニットは長時間のデスクワークの味方。

カジュアルな印象のニットも、襟があるときちんと感がアップします。ボトムスにはゆったりとしたプリーツスカートを選んで着心地の良いコーディネートの完成です。

出社スタイルから窮屈さを救う!~リラックスニットコーデ②~

コーデ参照doclasse

上下ニットなので着心地が良いのはもちろん、総針編みで気になる下半身も着膨れせずすっきりとまとまります。

仕事着にはこういった総針編みやハイゲージなど、編み目が小さいものを選ぶとすっきりと着ることができます。

シンプルなニットには襟元にスカーフやアクセサリーなどを合わせて華やかに着こなすのがコツ。

コーディネートに悩まなくてもオシャレに決まるセットアップは、別々でも着回しができる万能アイテムです。

オンラインでの画面映え!~きれい目華やかコーデ①~

コーデ参照pierrot

コーラルオレンジの明るい色合いとテロッとした素材が女性らしいコーディネートです。

画面映えを狙うなら、トップスに明るい色をもってくるのがポイントです。フロントに上品なゴールドのボタンがあるワイドパンツを合わせて、履き心地の良さとオシャレさを両立。

このブラウスの襟元はボタンを閉めて着ることもできる2way仕様。その日の気分やシーンに合わせて使い分けできるのも嬉しいポイントです。

オンラインでの画面映え!~きれい目華やかコーデ②~

コーデ参照doclasse

きれいなグリーンの花柄ブラウスは、襟元がフリル仕立てで顔周りを華やかに見せてくれます。スタンドカラーの時は髪を束ねると小顔効果も。

ボトムには上品なシルエットのパンツを合わせて洗練された印象のコーディネートになっています。

このブラウスは素材が綿100%なので着心地も良く、自宅で手洗いできるのも嬉しいポイント。

柄物を選ぶときは大きい柄よりも小さい柄を選ぶとオフィススタイルにも取り入れやすいのでおすすめです。

扱いが楽!~シワを気にしないコーデ①~

コーデ参照Re:edit

長時間座っていると気になる、服のシワ。プリーツはそれを気にせず気楽に着用できるアイテムです。

履きやすさと扱いやすさを兼ね備えたこのワイドプリーツパンツは、ウエストゴムなので履きやすく、シワを気にせず仕事に集中できる万能パンツです。

トップスにはシャツワンピースを合わせて、顔周りのきちんと感は残しながらもトレンド感のあるスタイルに仕上げています。

扱いが楽!~シワを気にしないコーデ②~

コーデ参照pierrot

こちらもサテン素材でシワになりにくい素材のスカートです。

タイトスカートだと窮屈ですが、ゆとりのあるスカートだと長時間座っていても苦になりません。ウエストがゴムなのも嬉しいポイント。

白とベージュのワントーンでまとめつつ、ネイビーのジャケットでコーディネートを引き締めて仕事スタイルに。

服装のマンネリ打破!~1枚のアイテムで様変わりするコーデ①~

コーデ参照pierrot

このブラウスのリボンは、ほどくとボウタイやバックリボンにもなるマルチway仕様。

リボンの結び方ひとつで雰囲気をガラッと変えることができます。1枚で何通りも楽しめるアイテムは、一つ持っておくととても便利です。

襟元にデザインがあるブラウスはまさに旬アイテム。マニッシュなチェックジャケットを合わせてトレンド感のあるスタイルに仕上げています。ボトムスにはウエストゴムのパンツを選んで履きやすさも忘れずに。

服装のマンネリ打破!~1枚のアイテムで様変わりするコーデ②~

コーデ参照doclasse

このジレは、ボタンを閉めると2パターンのワンピースとして楽しめる汎用性の高いアイテムです。

1着持っているだけで全く違う着こなしのスタイリングが完成します。休日はワンピース、平日はジレなど、オンとオフで着分けてみるのも面白いですね。

首元のスカーフはパンツの色合いとリンクさせながら、顔周りを華やかな印象に導いています。

気分を上げる!~お気に入りカラーのコーデ~

コーデ参照Re:edit

なんとなく気分が上がらない日は、自分が好きな色のボトムを選んで服装からモチベーションをアップ。

その日のラッキーカラーを取り入れてコーディネートを組んでみるのも遊び心があって面白いですね。

普段オフィスでは着られないような色でも、テレワークだと挑戦することができます。

濃い色を普段着慣れない方は、顔から離してボトムスに取り入れてみると挑戦しやすいのでおすすめです。

トップスには着心地の良いざっくりカーディガンを合わせて着心地の良さも忘れないコーディネートになっています。

気分を上げる!~見えないところでオシャレなコーデ~

コーデ参照Re:edit

背中に大きなデザインがあるバックシャンワンピースのコーディネートです。

出社の日はここまでの肌見せはなかなかできませんが、テレワークの日だからこそできるスタイルです。自分だけのオシャレでその日の気分を上げましょう。

張りのある綿素材はヘルシーな肌見せが叶います。パンツを重ねてカジュアルダウンさせるとトレンド感のあるスタイルに仕上がります。

素材の豆知識

いくつかコーディネートをご紹介しましたが、着心地の良さ、扱いやすさ、きれい見えなど、印象を決めるには服の素材が大きく関係しています。

服を選ぶ際にはぜひ素材を気にしてみてください。服選びの失敗がきっと少なくなるはずです。

ここでお仕事着におすすめの素材について、簡単にご紹介いたします。

レーヨン
化学繊維ですがシルクのような光沢感があり、上品な印象に見せるにはぴったりの素材です。テロッとした素材のブラウスなどによく使われています。ただし、自宅での洗濯には向いていないのでここぞという日に選ぶとよいかもしれません。

ポリエステル
石油などを原料とした化学繊維で、多くの服に使われている素材です。シワになりにくく洗濯にも強いので、日々忙しい女性の味方です。静電気が起きやすいと言われていますが、柔軟剤などで防げることもあるようです。

ポリウレタン
別名ウレタンゴムとも呼ばれる化学繊維で、ストレッチ性に優れています。窮屈さから解放されたい人にはおすすめの素材です。特にパンツやジャケットに使用されているものを選ぶとストレッチが効いていて着心地良く着られます。ものによっては劣化しやすいというデメリットもありますので、正しくお手入れすることが大切です。

綿
天然繊維なので肌触りが良い素材です。通気性が良いので夏によく好まれますが、年中気持ちよく着られるので綿のシャツなどはオフィスで年中活躍するアイテムになります。自宅で洗濯できるのも嬉しいポイントです。ただし縮みやすいこともあるので、しっかりと伸ばして干すなど乾燥のさせ方を工夫しましょう。

総じて、化学繊維は安価で耐久性に優れ、シワになりにくいなどメリットがある一方、静電気の発生や吸湿性が低いなどデメリットもあります。

また、天然繊維は吸湿性に優れ年中快適、肌への負担が少ないなどメリットがある一方、値段が高めで手入れにひと手間が必要です。

どの素材にも一長一短ありますが、素材について特徴を理解しておくと自分のニーズに合った服装を選ぶことができます。服選びに迷ったら、決め手の一つにしてみてください。

まとめ

テレワークでの服装は『華やかさときちんと見え』が大切です♪

社内外の人とオンラインで対面する機会が増えるので、特に顔周りの印象を意識した好印象でおしゃれなコーディネートを楽しみたいですね。

そして長時間のデスクワークでは着心地の良さも忘れてはならない大切なポイント。

着やすくて扱いやすいアイテムや素材をうまく取り入れながら、自分に合うストレスフリーなコーディネートをぜひ組んでみてください。

ABOUT ME
miyu
都内のWEBマーケティング会社で働く30代OLファッションブロガー。キレイめ&品のあるオフィスカジュアルが好き。 プチプラ通販とレンタルファッションでリアルなオフィスカジュアルを配信中。